RMTなにがし
オンラインゲームや、RMTの裏事情、暴露話
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/02/18(水)   CATEGORY: RMT裏事情
スクエニ大好き^^
こんにちは 100万ボルトの笑顔 わのじです。

また思いもよらぬ話題転換にとまどいつつ、本日もがんばっていきましょう。

ラグナロクオンラインのRMTについては、現在もっとも運用の厳しいゲームタイトルのひとつです。

初期のRMTと言えば、上記ROに加えてFF・L1・UOなどが主流タイトルとして扱われていました。
個人間で通貨がひとくち1万円前後で取引されていたり、ROではレアカードがウン万円の価値を持ったりしていた時代です。

ああ、あの頃はよかった。

現在はどの業者でもメインタイトルとして扱えるほどの取引は確立できていないところが多いと思います。

この要因のひとつには、主に運営会社の対応の厳しさがまずあげられます。

何しろ中華業者から仕入れればほとんど確実にBANされるし、新しくアカウントを作っても同じIPで接続しようものなら、在庫を所持していなくたって数時間後にBANされることもあるぐらいのチェックの厳しさ。
個人間での取引も場合によっては危ないぐらいです。

だってね、

社内でRMTしてりゃ、厳しくせざるを得ないですね。

数年前になりますが、運営会社の社員が同ゲームの通貨を不正に増やし、RMTで数千万円を個人的に換金していたという事件が全国的にニュースになったのは皆さんの記憶にも残っていることでしょう。

この事件後から、ROのRMTは現在の厳しさになったといっていいと思います。

この会社は他にも色々なところで話題にあがりますよねー

この会社の重役があるRMT会社の代表とか、どっかのIT企業の取締とかに名前があがっちゃってたりね。
まあ、その話はまたいずれ。



運営会社自身がRMTへの関わりが深い会社は、RMTへの対処が厳しい。

見方を変えると、ここで面白い仮定が生まれます。


RMTへの対処が厳しい運営会社は、RMTへの関わりがあるかもしれない

うーむ

皆さんどう思います?


現在対RMTへの対処が厳しいと言えば、まず最初に名前があがるのはアレですよね。

タルタルタルとかいうキャラが愛らしい国産RPG


タスクフォースとかが大活躍の老舗のゲーム会社。
RMTへの対処の厳しさはこの会社も折り紙付です。


社内の不祥事隠してんじゃないの?


社員が釣りBOTとかDUPEでGIL生産してたりして。

どっかの業者に横流ししてマネー稼いでたりして。

と疑いの眼差しを向けたくなってしまいますね。


皆さんどう思います?

もしこのブログが怖い人たちの目に留まったら、このブログは予期せず閉鎖するかもしれません。

ああ怖い怖い。


そうだ、そういう時は

このブログに書かれていることは事実を元にしたフィクションです。
当ブログの内容について発生する全ての問題について一切の責任を負うものではありません。


とでも書いておけばいいか。



本日は以上です。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

それではまた次回


皆様の生暖かいご声援お待ちしております。
スポンサーサイト
Copyright © RMTなにがし. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。