RMTなにがし
オンラインゲームや、RMTの裏事情、暴露話
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/02/19(木)   CATEGORY: RMT裏事情
あの人は今的な話
こんばんは わのじです。

前項にて懐かしい話題に触れましたので、今回は引き続きROのお話をしたいと思います。

実名まで晒された彼(28歳)は今何をしてるんでしょうね



案外RMT業界にいたりして。


2006年7月19日にネットを騒がせた事件について詳しい情報は以下よりどうぞ。
BOTNEWSも随分前に終わってしまいましたね。結構面白かったのに

ガンホー社員不正アクセス禁止法で逮捕とかのまとめ(BOTNEWS)

・・・そういえば、この4ヶ月後ぐらいにガンホーがこの元職員に対して7,500万円の損害賠償をするって息巻いてるってニュースがありましたが、どうなったんだろう?


さて、当時のROは現在と異なりRMT市場が盛んなタイトルだったことは述べました。
この事件で明らかになったのは、RMTを禁止していているはずの運営会社が、社内での不正アクセスやRMTにさえ対処することができていなかったということです。

5ヶ月間にわたって社内で通貨が不正に増殖されていた事実を、たまたま偶然見つけられたことによって世の明るみにでたこの事件。
当時、RMT事業者としてこのニュースを聞いた時の感想は、

ROの買取?腐るほどいるよ?

という感じでした。

偽造されたzenyの総額690G(6910億zeny)あまり。
全24鯖(サーバー)にキャラクター枠をフルに使い、3キャラずつ作り持たせていたとのこと。
5ヶ月で1鯖あたり29Gとして、複数の販売業者へ販売したら1ヶ月に1G以下の買取のお客様。

心当たりが多すぎて絞り込めない。

正直な話、当時はROに限って言えば日本人のBOTのほうが多かったと思います。
現在でも優秀な生産者は少ないながらも存在しているのも事実です。

中華業者ももちろんたくさんいましたが、BOTの性能やBANからの回避能力は日本産のBOTのほうが優秀でした。

だって、

自分も使ってましたし。

BOTというと、どうも犯罪のニオイがしそうな危険なモノというイメージがあるかもしれませんが、元はチートなどの発展系で個人が誰でも使えるようなものでした。
従って個人レベルで、寝てる間にパソコン付けっぱなしでzeny稼いでいたなんて、結構誰でもできるような技術でした。

BOTと一口にいっても、放っておけばジャブジャブお金が増えてくなんて甘いものではなく、実際それでどれだけ生産量を確保できるかは操作する人の知識・技術によって大きく左右されるものです。

私は商売上、様々なゲームのBOTを実際に使ったことがあります。

実用性を得られたものはありませんでしたが。


よく説教部屋へ放り込まれていました。


一時期、個人的にROのBOTをつくる業者と付き合いがあったこともあり、試しに使うに至ったのですが、彼らもまたネトゲが生み出した影のプロフェッショナルだなと感じました。
元からROが好きな人たちだったこともあって、ROへの執念にも似た愛情を少なからず感じてしまいます。

好きなものをとことんやり尽くしたいという思いはここまで人を動かすものか。

と、他人事ながら感心したのを覚えています。

マニア魂は日本人独自の才能なのかもしれません。


途中より論点が若干ずれてしましましたが、本日は以上です。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

それではまた次回


皆様の生暖かいご声援お待ちしております。
スポンサーサイト
DATE: 2009/02/18(水)   CATEGORY: RMT裏事情
スクエニ大好き^^
こんにちは 100万ボルトの笑顔 わのじです。

また思いもよらぬ話題転換にとまどいつつ、本日もがんばっていきましょう。

ラグナロクオンラインのRMTについては、現在もっとも運用の厳しいゲームタイトルのひとつです。

初期のRMTと言えば、上記ROに加えてFF・L1・UOなどが主流タイトルとして扱われていました。
個人間で通貨がひとくち1万円前後で取引されていたり、ROではレアカードがウン万円の価値を持ったりしていた時代です。

ああ、あの頃はよかった。

現在はどの業者でもメインタイトルとして扱えるほどの取引は確立できていないところが多いと思います。

この要因のひとつには、主に運営会社の対応の厳しさがまずあげられます。

何しろ中華業者から仕入れればほとんど確実にBANされるし、新しくアカウントを作っても同じIPで接続しようものなら、在庫を所持していなくたって数時間後にBANされることもあるぐらいのチェックの厳しさ。
個人間での取引も場合によっては危ないぐらいです。

だってね、

社内でRMTしてりゃ、厳しくせざるを得ないですね。

数年前になりますが、運営会社の社員が同ゲームの通貨を不正に増やし、RMTで数千万円を個人的に換金していたという事件が全国的にニュースになったのは皆さんの記憶にも残っていることでしょう。

この事件後から、ROのRMTは現在の厳しさになったといっていいと思います。

この会社は他にも色々なところで話題にあがりますよねー

この会社の重役があるRMT会社の代表とか、どっかのIT企業の取締とかに名前があがっちゃってたりね。
まあ、その話はまたいずれ。



運営会社自身がRMTへの関わりが深い会社は、RMTへの対処が厳しい。

見方を変えると、ここで面白い仮定が生まれます。


RMTへの対処が厳しい運営会社は、RMTへの関わりがあるかもしれない

うーむ

皆さんどう思います?


現在対RMTへの対処が厳しいと言えば、まず最初に名前があがるのはアレですよね。

タルタルタルとかいうキャラが愛らしい国産RPG


タスクフォースとかが大活躍の老舗のゲーム会社。
RMTへの対処の厳しさはこの会社も折り紙付です。


社内の不祥事隠してんじゃないの?


社員が釣りBOTとかDUPEでGIL生産してたりして。

どっかの業者に横流ししてマネー稼いでたりして。

と疑いの眼差しを向けたくなってしまいますね。


皆さんどう思います?

もしこのブログが怖い人たちの目に留まったら、このブログは予期せず閉鎖するかもしれません。

ああ怖い怖い。


そうだ、そういう時は

このブログに書かれていることは事実を元にしたフィクションです。
当ブログの内容について発生する全ての問題について一切の責任を負うものではありません。


とでも書いておけばいいか。



本日は以上です。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

それではまた次回


皆様の生暖かいご声援お待ちしております。
DATE: 2009/02/17(火)   CATEGORY: くのいち
ROユーザーってすごい。すごすぎる。
こんばんは。くのいちです。

今日もわのじさんに殴られながらお仕事頑張ってます。


ワノジサン エガオミセテ・オネガイ シャナイガ893ノ ジムショノヨウデス。



さて、今日のお題です。


ROのユーザーって一つの秘密結社ではないかと。

BOTNEWSに続き仮想橋の管理人さん達、ROを愛してるユーザーさん達がゲーム内でデモしたりなんか、プロンテラ大聖堂前が国会議事堂の様にみえちゃいます。


癌を動かす為にものすごい資料とかつくっちゃって、オフミ前の提出資料とかみたらマジスゲ-

オフミ前の資料皆さんご覧になった事ありますか?

癌が喉から手が出るほど欲しいと思う資料を作ってる。
これが欲しいが為に、BOT放置してたんじゃないかと思うほどの綿密なユーザー心理を書いてある資料。


凄すぎる。

他のゲームではそこまでは見られない異質さ。


ユーザー同士で連携し、ボスモンである癌を倒す為に頑張り、倒した。
結果、そして・・・・BOTも消えた。

対策を癌が遣らざるを得なくなる程追い込んで。
株価暴落させて。

あっぱれ。

ROのユーザーは、ネ申


今日のくのいちの教訓。


お客様はネ申様です。



ROってそんなに面白いんですかねぇ
くのいち的には、FF11にはまってリアル世界から遠のいてた期間が結構あったので、はまるのはわかるんですけどw
Copyright © RMTなにがし. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。