RMTなにがし
オンラインゲームや、RMTの裏事情、暴露話
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/02/16(月)   CATEGORY: RMT裏事情
もうひとつの競争
ハッキングか!? ハッキングなのか!?

手下こと、くのいちに当ブログをのっとられないよう頑張っていきましょう。

こんばんは わのじです。


さて、オペーレータについてのお話があがりましたので、ついでに私も彼らについてのお話しをしてみたいと思います。

中華業者の窓口となるオペレーターとは、ほとんどがメッセンジャーを通してのやり取りです。
個人的に古くからメッセを利用していますが、この業界に入ってからというものメッセの登録件数は増えに増え、今や100人じゃ聞かないぐらいの数になってしまいました。

メッセの起動が重いのもさることながら、どこに誰がいるのかわからない!
オンライン中のリストにないから、オフラインリストの中も目を凝らして探してもどうも見当たらない。

やっと見つけたと思ったら名前が変わっていやがった
そんなこともよくある話で。

そこで彼らも色々な工夫を凝らしてみるわけです。

名前の前に絵文字記号をつけてリストの先頭にたってみたり、名前の欄に取扱タイトルやら営業時間やらがまとめて書かれていてすごい文字数になっていたり。
メッセの中でも競争は激化しています。

そんな中でも、私がとても印象に残った業者は、

(業者名)-(副題)

この方、副題にはいつも他の業者同様、取扱タイトルなどが書かれていたのですが、ある日ふと目に入ったのは、

「ボクニ天使が舞い降りた」

何があった。

至極個人的な内容ですが、妙に記憶に残ったのでしばらく数日注視していたのです。

その後、数週間変わらなかったある日突然、


「天使の羽が折れた」


そして、数日経過


天使は飛んでいった


なんともドラマティックな。

軽いメンヘラ疑惑を残し、その後彼がオンラインになることはなかったという。

冗談です。


そんな愉快なオペレーターですが、どれをとってもやはり日本語はかなり堪能です。
人によっては日本語学校で学んだという方もいますが、彼らに共通して言えるのはネットを利用して日本と取引しようなんて考え方を持っているわけですから、かなり教育レベルの高い人が多いということです。
彼らは日本のことに限らず勉強熱心で、またよく働きます。

昨日は北京の上のほうにいたのに、次の日にはもう上海で仕事をしていて、「明日にはフィリピンに飛びます。」なんて笑いながら言っている人もいました。

そういった彼らのグローバルな視点や行動力を目の当たりにするとき、国際競争という観点から日本はかなりの遅れをとっている分野も多いと言われる現在、日本人として多少の焦りを感じたりもするわけです。

本日は以上です。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

それではまた次回


皆様の生暖かいご声援お待ちしております。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © RMTなにがし. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。