RMTなにがし
オンラインゲームや、RMTの裏事情、暴露話
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/02/22(日)   CATEGORY: RMT裏事情
RMTの与太話
こんにちは わのじです。

先日情報社会学会でRMTについての与太話が行われたようです。

自分で与太話って言ってりゃ世話ないですね。

1月31日シンポジウム資料:RMTネタでの与太話など
http://www.glocom.ac.jp/symposium/20090131_3rd.pdf


要約:現在、インターネットは、万国共通の公共的プラットフォームとして機能している。そのため、ネットワーク中立性をめぐる問題等の、インターナショナルなガヴァナンスの問題が論じられている。一方で、オンラインゲームなどの世界は、インターネットのような一次的現実に属する公共空間としてのリアリティを認められず、二次的現実に属する<おままごと>の空間として括られている。だが、90年代末以降にオンラインゲームの世界で問題となったRMTと呼ばれる現象は、二次的現実空間の問題が、一次的現実の公共・基幹インフラに関わるような形で展開してきた。これは、二次的現実空間のインフラの問題も、一定規模・一定期間を超えれば一次的現実の公共性を考えるための変数として機能しうることを示している。のみならず二次的現実空間では、インフラ設計そのものを独自に構築できるため、コミュニケーション/行為のインフラとしての自由度は一次的公共空間のそれを凌駕する可能性を持ち得ている。本稿では、このような二次的現実のインフラが、一次的現実との間でどのように相互作用するのかを、RMTをめぐる実際の展開を一つのケーススタディとして示した。



確かに与太話でした。


実はここのシンポジウムでたことありますけど、なんかいわゆるアカデミックな人が難しい言葉でなんとなくまとめてみたって話ばっかりで実践的な話題はあまりないみたいです。

「では、これをふまえて現実的にはどうするべきですか?」

と問われると、

「それがこれからの課題です。」


そんな議論に意味あるんかいな。

と思いました。


まあ、それが仕事なのでしょうけど。知識じゃ世の中は動かんよね

本日は以上です。

それではまた次回


皆様の生暖かいご声援お待ちしております。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © RMTなにがし. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。