RMTなにがし
オンラインゲームや、RMTの裏事情、暴露話
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/02/27(金)   CATEGORY: RMT裏事情
所信表明
こんにちは わたしわのじです。

本日は久々にRMTの事情についてお話したいと思います。

このブログをはじめるにあたってその発端となったのは、RMTの実情について皆様に知って頂きたいという思いからでした。

オンラインゲームが隆盛となる昨今にあって、RMTという行為・その市場、それらを利用するユーザーと利用しないユーザー間の決して交わることのない溝、それを利用した不正・ブラックマーケットの発達、それらは全て、RMTという言葉だけが一人歩きし、実態も分からないグレーな存在として扱われていることが大きな原因であると私は考えています。

それらに対しRMT事業者である我々はこれまで、常にキレイな情報のみを世間に流してきたといえます。
RMTに関するサイトには星の数ほどのバナーが貼られ、

「うちはどこよりも安いです」  そうでもないよ

「うちはバンはありません」  そんなはずないよね


「うちは安全です」  何を根拠に?


これらは、ある意味小売業ならどこでも当たり前に行う宣伝文句です。
それらに例え事実と異なる点があったとしても、それを確かめるすべは現在はないといっていいでしょう。

ネット上で行われる全ての取引には、行う側の正しい判断が常に必要になります。
それはRMTに限らず、yahooオークションでさえ詐欺の可能性を考えなくてはいけません。

そういった現状に対し何をすべきなのかと考えたとき、事業者としてRMTの事実をしっかりと伝える義務があると考えました。
ユーザーの皆様にそれらの情報を知って頂いた上で、ご自身の判断材料にしてもらいたい。

これらの思いを実践する上で重大なネックは、私の素性を明かすことができないというジレンマでした。
事業者である私が自らの素性を明かせば、確かに情報への信頼度はある程度高まりますが、逆にいえばそれが自社の広報としての役割と捉えられたり、他の業者への公平さを欠く情報となってしまいかねない。
また、既に私の素性暴きの手が伸び始めているような気配を感じなくもない近頃、身の危険を省みずに暴露するにはあまりにもブログというツールは心許ない。

従って、ここはあえて匿名性を保つことで、情報の判断をご覧になる皆様の客観性に委ねることにしました。


RMT市場は現在衰退の一途を辿っています。

RMTサイトを巡れば、販売在庫が全てなしになっているサイトがゴロンゴロンしているのに気付きます。
半年後には現在よりさらにその数は多くなっていると思います。

このまま市場が縮小していけば、いずれは事業としては立ち行かなくなる可能性も高く、個人の副業レベルでおこなうお小遣い稼ぎの一部になってしまうこともありえます。
その場合最も恐れるのは、現在のような無秩序な状態で市場が煩雑することで、麻薬や覚醒剤取引のような法を犯す行為としての側面が強くなってしまうことです。

RMTはゲーム会社の規約違反とはいえ、ネット社会の特質が生み出したサービスとしての側面もあります。
商取引という利益追求を超えたサービス業として、RMTはもっと活用されるべき場がたくさんあると私は考えています。

世間に認められたい。ではなく、世間が認めずにはいれないという役割を担う日まで戦いは続きます。


SOS団設立に関するアレみたいな感じになってしまいましたが、本日は以上です。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

それではまた次回


皆様の生暖かいご声援お待ちしております

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

喫煙中毒 | URL | 2009/02/28(土) 15:04 [編集]
どうも、訪問者リストに載ってたのと、
自分も一時期ネトゲをやっていたので興味がわいて来て見ました。

自分の考えを軽く述べてみると・・・
自分はネトゲをやっていた当時RMTに手を出していませんでしたが、
RMTは完全悪ともいえないの実際のところです。
時間は無いが、お金はある、
と言う人にとってはネットゲームの関係をある程度保つ為に、
ある程度使うことも選択肢の一つとして有用なのかも、
と、考えていたからです。

が、それが個人間で行われている分にはここまで大きな問題にはならなかったように思います。
と言っても個人間で行われている場合廃れていくだけで自然消滅していたでしょうけど、
最大の問題は有志による交流の活性化ではなく、
それがゲームとは別の形での一事業となってしまっている事。
これに尽きる思います。

生意気な事を言って申し訳ない、
もし不快に感じられたならば削除していただいてもかまいません。
 
わのじ | URL | 2009/02/28(土) 16:10 [編集]
>喫煙中毒様

ご訪問頂きありがとうございます。

>最大の問題は有志による交流の活性化ではなく、
>それがゲームとは別の形での一事業となってしまっている事。
>これに尽きる思います。
喫煙中毒様のお考えから導かれたこのご意見はある意味正しいと思います。

ただし現在のRMT事業者の役割が、個人間取引で発生する詐欺に対しての安全性の確保と、取引成立までの手間を容易にする利便性の提供を担っていることを考えた場合、必ずしもそうではないと主張させて頂きたいと思います。
安全性が確保されていない事業者が多数存在すること自体、大きな矛盾を抱えているのもまた事実ですが。

また、逆にいえば事業としての展開がなく、あくまで個人間だけでの取引で自然消滅する程度の市場であれば、そもそも問題は起こらなかったという点も考える必要があると思います。


これもまた私の個人的な考えであるため、喫煙中毒様とのご意見と食い違う点もあるかと思います。
また貴重なご意見頂ければ幸いです。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © RMTなにがし. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。