RMTなにがし
オンラインゲームや、RMTの裏事情、暴露話
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/03/05(木)   CATEGORY: RMT裏事情
カキーン
WBC開幕 カキーンと一発いってみよー

こんにちは わのじです。


実は野球はあまり興味がありません。

本日はオンラインゲームにおけるアイテムカキーンについてのお話です。


アイテム課金とは、プレイ時間に対して利用料を支払う時間課金に対して、ゲーム内で使用できる特殊なアイテムなどを個別に運営会社より購入する方式です。
アイテム課金を導入しているゲームは、主に通常プレイは無料である場合が多く、その分購入できるアイテムにはゲーム内で有用な効果を持つものが多く含まれるというのが多いようです。

3年ほど前から課金方式として採用されはじめましたが、近頃は時間課金からの移行も多いというのが現状です。

最近では、リネージュが3月3日に無料化を本格スタートしたのと並行してアイテム課金を始めました。

アイテム課金方式はユーザー間でも賛否両論が囁かれていますね。
否定的な意見では「RMT公認化」などの表現もされています。


実はこのアイテム課金について考えると、意外なものがみえてきたり。


アイテム課金が発生した背景には、オンラインゲームのタイトル数が増えすぎて、以前のような時間課金制ではユーザー獲得が困難になってしまったという現状があります。
具体的にいえば、3年前までに既にサービスを提供していたゲームのほとんどが時間課金制であったのに対し、その後に新しく参入してきたゲームは軒並み通常プレイを無料と謳っているということからも分かります。

現在時間課金でしぶとくがんばっているのは、
L2 3,000円/月(NCJ)
RO 1,500円/月(GungHo)
ECO 1,500円/月(GungHo)
FFXI 1,280円/月(SQUARE ENIX)
信長 1,260円/月(KOEI)
UO 1,480円/月(Electronic Arts)
など。(税抜も含む!)
2,000円/月のL1(NCJ)は先日めでたく無料化の仲間入りをしたばかりです。

見て分かる通り老舗どころばかり、

大名商売ってのは楽ですなー

これらの事実からオンラインゲーム業界も競争が激しいということが分かります。

こうした背景の中、アイテム課金の役割は主にユーザーからの収益を目的として導入されたものであるといえますが、ゲーム内通貨やアイテムを現金で取引するRMTは禁止、ゲーム内アイテムを現金で買うアイテム課金は公認。

あれれ?

となるわけです。

RMTが忌避される原因には、ゲームの世界に「お金で解決する」という大人の世界を持ち出すことへの嫌悪感という一面もあります。
その面だけからすれば、RMTもアイテム課金もまったく同種のものであることが分かります。

実際各ゲームでは、アイテム課金で購入できるアイテムには、通常プレイ上は得ることのできないユニーク性を保つことで通常プレイとの混濁を避けるような調整がされています。
しかし、RMT事業者の立場からみるとその行動は、

赤信号はダメだけど、点滅の終わる瞬間をどこまで渡れるか

を試作しているように感じます。

アナタたち下手したら死んじゃいますよ?

と、こっちが不安になるような綱渡りをしながらオンラインゲーム業界はどこへ進もうとしているのか。

続きはまた次回

本日は以上です。


ここまで読んで頂きありがとうございました。

それではまた次回


皆様の生暖かいご声援お待ちしております。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

おむ | URL | 2009/03/05(木) 18:32 [編集]
始めてネトゲやったときのは基本無料アイテム課金制のでした
「ちょwwwただでゲームできるならPS2ソフトとかいらんしwwww」とか思いながら始めて気づけばPS2本体何台も買えるくらいお金使ってました
課金アイテム買って、それを露天してコインに換えて

まぁ、だからといってRMTはまだする気にはなれませんけどね
足跡ヵラ
くろねこ | URL | 2009/03/07(土) 03:03 [編集]
RMTは悪いとは思っていなかったり

別に私自身RMTをしているわけではないのですが
例えば「アイテム課金をゲーム内で販売」する行為
現金化してないだけであってリアルマネーを消費してゲームマネーに換金しているから
りっぱなRMT

しかし非RMTerには「アイテム課金はおk けどRMTはダメ」という
訳の分からない言い分を押し付けてくるから面白いものです

木を見て森を見ず
今後RMTは大規模になるのでしょうね

中華と升erが増えるのは簡便ですが…
初めまして。
djpapa | URL | 2009/03/08(日) 23:06 [編集]
足跡を見て遊びに来ました。
ご訪問ありがとうございます。
ヒマな時にでもまた見に来てください。
また訪問させて頂きます。
宜しくお願いします。
足跡から・・・
kuroreuesu | URL | 2009/03/09(月) 09:16 [編集]
足跡から訪問させていただきました
  
  自分もオンラインゲームは好きなので…また来させてもらいますねw

ロク | URL | 2009/03/09(月) 17:55 [編集]
訪問ありがとうございましたm(_ _)m

僕もonlineゲーム好きなので、
ちょくちょく覗かせていただきますねー

でわでわノシ

わのじ | URL | 2009/03/09(月) 18:28 [編集]
>おむ様
オンラインゲームではアイテム課金も時間課金も、家庭用ゲームに比べてひとつのゲームに使うお金としてはかなりの金額を使う方も多いようです。

>くろねこ様
ご訪問ありがとうございます。
ゲーム通貨と現実のお金の関連性がある限り、RMTは必ず発生する行為であることは確かだと思います。
アイテム課金はその流通量を運営会社が管理することができる点で、正当化されていると言えると思います。

>djpapa様
ご訪問ありがとうございます。
またいつでもいらして下さい。

>kuroreuesu様
ご訪問ありがとうございます。
私もオンラインゲーム好きです。色々な意味で

>ロク様
ご訪問ありがとうございます。
またお待ちしております。

朽ちた一匹狼 | URL | 2009/03/11(水) 19:58 [編集]
来てくれてありがとうございます。

たびたび訪問しますのでよろしくお願いします。
おじゃまします
マダム花 | URL | 2009/03/11(水) 23:15 [編集]
あしあとからおじゃましました。
ネットゲームの世界に生きておいでのかたでしょうか。
うちの息子と同族のかたですね。
PCの前でゲームしているいい大人の息子が理解できない・・・・。
またおじゃまして、なにか同調できるヒントをみつけられればいいですが・・・。

そふぃあ | URL | 2009/03/12(木) 10:45 [編集]
初めまして、私も足跡からお邪魔します。
課金アイテムに足してROの場合某大手飲料水との
協力を得ました。しかし企業の飲食物のリピータが増えるや否や。
飲み物を捨てる言動や"こんなに要らない"など芳しくない発言が見受けられます。

MMOの企業も一生安泰とわ言い切れませんが、中々ウマーな
仕事してますね・・・

はこべ | URL | 2009/03/12(木) 11:14 [編集]
(。・∀・)ノ初めまして
足跡より拝見させていただきにまいりました~
すごく読みやすくて面白い(失礼)です(≧∀≦)
久々に読めるブログに会えた感じでした

リンクはご自由に・・・と↓の記事にありましたので
お言葉に甘えてリンク貼らせていただきます
いえ、させてくださいm(__)m
管理人のみ閲覧できます
| | 2009/03/12(木) 11:38 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

黒眼鏡男 | URL | 2009/03/12(木) 23:26 [編集]
お立ち寄りありがとうございます。
これからも拝見します。

僕のブログにも来て下さい。
 
わのじ | URL | 2009/03/14(土) 13:49 [編集]
>朽ちた一匹狼様
ご訪問いただきありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

>マダム花様
ご訪問いただきありがとうございます。
ネットゲームは世間的にまだまだ理解しがたいお話しであると思います。個人的には人の繋がりが起こる可能性がある分、家庭用ゲームより閉鎖性は少ないとは感じていますが、ゲームである以上、娯楽の域を超えないよう節度をもつべきでもあると思います。
当ブログが何かのご参考になれば幸いです。

>そふぃあ様
ご訪問いただきありがとうございます。
オンラインゲーム業界は現在では競争激化していますが、結局はじめからやっていたものたちの「やってもん勝ち」な状況がいまだに続いているとえますね。
いずれ淘汰されていけば価格やサービスの点で洗練されていけばよいのですが。

>はこべ様
ご訪問・リンクいただき誠にありがとうございます。
楽しく読んでいただけるよう脳みそ雑巾絞りでがんばります。
今後ともよろしくお願いします

>黒眼鏡男様
こちらこそコメントいただきありがとうございます。
ブログ拝見させて頂きます。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © RMTなにがし. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。