RMTなにがし
オンラインゲームや、RMTの裏事情、暴露話
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/02/07(土)   CATEGORY: RMT裏事情
黒いアイツら①
今日も わのじです。

RMT裏事情の5回目のお話しになります。
RMTについては、業者の間でさえ横の繋がりが少なく分からないことばかりです。

あちらはどのくらい売れているとか、そちらはどのタイトルがやられたとか、ほとんどのことが分からない業者ばかりです。
実際、運営しているのかさえ分からないリビングデッドなサイトも普通に公開されているような状態なワケです。

隣の芝生は全てグレーです。

そんなわけで、業界内でさえ実態が謎なもんですが、もっとワケが分からないのが中華業者です。
私がこれまでに関わってきた、また把握してきた中華業者は相当な数になりますが、彼らもまた様々な日本の販売業者と取引を行っています。

彼らとの関係をもつにあたっては、基本的に彼らからのアクションによって取引をはじめる場合が多く、こちらから探してお願いするようなケースはかなり稀です。
それこそ中国語を駆使して、本土のQQに飛び込んでいけば選択肢は無限にありますけど。
大概はほっておけば取引先は毎日新たに現れては増えていくものです。

そんなゴキブリ中華業者も、各々で日々新たな相手先を探し歩いています。

各業者がどの中華業者と関係があるかなどは知る由もありません。

たまに違う業者宛の明細が間違って送られてきて、分かっちゃうぐらいです。

その数にしても、それこそゴキブリと一緒で1匹いたらその10倍は必ず存在しているでしょう。何しろ人口も10倍ですもんね

冗談を言っていたらなんだか、ゴキブリにしか思えなくなってきました。


そんな、素敵なビジネスパートーナーたちについては本日はここまでにし、また次回よりお話しを続けたいと思います。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

それではまた次回


皆様の生暖かいご声援お待ちしております

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © RMTなにがし. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。